家を建てる - 分譲住宅

設計について

1. 住宅の設計方法

建物の設計には、メニュー設計と自由設計があります。

住宅設計の図
【A】 自由設計
購入者が、設計者を選び、公社が指定する一定の設計基準の範囲内において、自らも参加して、ご家族のライフスタイルと予算に合わせた住宅設計を行い、公社がその設計を採用するものです。
【B】 メニュー設計
公社または登録建築業者が独自に設計、規格商品化したプラン(省コスト住宅プラン)。
※省コストプランについて、詳しくは公社へお問い合わせください。

※設計者とは、建築士法に定める建築士事務所の登録をしている者

2. 設計上の技術基準

独立行政法人住宅金融支援機構の定める木造住宅工事仕様書にある長期固定金利住宅ローン「フラット35」の技術基準等に適合することを公社分譲住宅の設計基準とします。

3. 地区計画、建築協定、公社建築基準

地区計画(法吉団地、しんじ学園台)の対象団地はそれぞれ建ぺい率、容積率、建物配置の制限、建築物の高さ制限などが定められています。
他団地は公社建築基準やまちづくり指針を設けていますので良好な住環境維持のため、できるだけこの基準に沿っていただきますようお願いします。

4. 建築工事の請負契約

建築工事は購入者に代わり、当公社が施工者を決定、建築工事請負契約を締結します。
施工者の決定方法は、原則として登録建設業者を対象とした指名競争入札によります。
ただし、購入者がその登録建設業者を施工者として推薦した場合は、随意契約により決定、契約を締結します。

■住宅引渡し時の建築譲渡価格

建設工事請負契約金額に公社事務費(最高 6.00%)、建築工事期間中の金利、消費税を合算した金額となります。

5. 住宅の品質確保促進等に関する法律と「住宅瑕疵担保履行法」

(1)10年間の瑕疵担保責任について

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」により、基本構造部分・雨水の侵入を防止する部分について、完成引渡しから10年間の瑕疵担保責任が義務付けられています。この責任を履行するため、施工業者は住宅瑕疵担保責任保険へ加入することとなります。

(2)住宅瑕疵担保責任保険に必要な地盤調査について

公社では、事前に表面波探査法による地盤調査を行っており、通常の木造2階建住宅であれば、杭打ちや地盤改良の必要のない地耐力(30kn/m2以上)を確認しています。
住宅瑕疵担保責任保険である「まもりすまい保険」へ加入する場合は、この調査データを利用し、改めて調査する必要がない団地もありますので、詳しくは公社までお問い合わせください。

このページの先頭へ